リンク

健康住宅 HEALTH HOUSING

私たちが健康に暮らすためには、身体はもちろん心も健康でなければならないはずです。心と身体・そして建物自体が健康であること、それが健康住宅だと考えます。住環境のなかで健康に悪影響を及ぼし、問題視されているのは、大別すると3つ。

  1. 『化学物質による室内空気の汚染』
  2. 『ダニ、カビ、細菌等の被害』
  3. 『温熱湿度環境による人体の影響』

当社では、このような問題点をひとつひとつクリアした健康住宅の設計・建築・リフォーム等に全力を注いでいます。皆様が健康・安心・耐久・快適な健康住宅で生活できるように、当社は日々、努力研究。よりよい住宅環境をご提案していきます。

1.『化学物質による室内空気の汚染』

【主な化学物質】

・各種塗料に含まれるトルエン、キシレンなどのVOC(揮発性有機化合物)
・合板・壁紙などの接着剤・防腐剤に含まれているホルミアルデヒド
・白蟻駆除剤に含まれるクロルビリホス

2.『ダニ、カビ、細菌等の被害』

アトピー性皮膚炎やアレルギーの原因の一つには、家ダニがあげられています。ダニの数は、湿度が上がれば上昇。住宅が密閉され、床下に湿気がたまりやすくなるとダニが多く発生するのです。また、衛生的にも問題があるカビもやっかいな存在。アレルギー性鼻炎などの原因にもなっています。

3.『温熱湿度環境による人体の影響』

建築物の密閉化・暖房器具の普及など、燃焼によって生じる二酸化窒素、煙草の煙、微生物などで室内空気が汚染されます。


マイナスイオン発生壁材今話題のマイナスイオンが発生する壁材。吸ホルムアルデヒド・吸放温性能・消臭性能などにも優れているモノがあり、快適かつ安らぎの空間を演出します。


24時間常時換気システム給気ファンは、高性能フィルターを内蔵。粉塵を98%カットして給気します。排気ファンには、湿気を感知すると強運転となる湿気センサーを内蔵。湿気や汚れた空気を排出します。


天然素材使用の効果芳香によるアロマテラピー効果や精神を安定させるリラクゼーション作用、抗菌、防虫作用がある「桧」「ヒバ」。アトピーやアレルギーの原因となる雑菌・カビの繁殖を抑えるという「竹」。そのほか、防火性があり、湿気を吸集し調節するので季節の変化に耐え、カビがつきにくいという性質の漆喰<石灰に海草糊(のり)などを混ぜた壁塗りの材料>など、自然の力をふんだんに取り入れることができる、天然素材の住宅材が人気を呼んでいます。

■遮音・防音

健康住宅を考える上で、「室内空気汚染」「カビや細菌」「温熱湿度環境」のみならず、住まいの「遮音・防音」も見逃せないポイントの一つ。たとえば、外の騒音レベルが高い場所には複層ガラスを用い、夜間はシャッターを併用するなど防音性能を高める対策を行うことをご提案します。

また、家族といえども生活騒音は気になります。寝室や勉強部屋など静かにしたい部屋や、音をもらしたくないトイレには、遮音性の高い床・壁・ドアを用いることが望ましいでしょう。音を吸収する素材として、グラスウールなどがあります。また、遮音のためのコルクタイルや、吸音板、遮音シート・マットがあります。詳しいことは、担当スタッフにお気軽にお尋ねください。

人間が感じる音の例:
10 極めて静か 30 静か 50 日常 70 うるさい 90 極めてうるさい 100 聴覚に障害を受ける  
    ささやき
川のせせらぎ
  会話
TV
  犬声   電話鳴   警笛
ブレーカー
  ジェット機